ビットコインの買い方にはどのような方法があるのか?

ホーム / ビットコイン相談室 / ビットコインの買い方にはどのような方法があるのか?

ビットコインの価格が1ビットコインあたり100万円前後で推移しているので、多額の資金がないとビットコインが購入できないと考える方も少なくないです。
しかし、実際には0.001ビットコインなど小数点の単位で購入することが可能で、場合によっては1,000円あれば買えるので、初心者の方でも安心して購入できるのです。
それだけ身近な存在ならビットコインを今すぐ購入したいと考える方もいて、その際にどのような買い方があるのか疑問になります。

ビットコインの買い方にはいくつかの方法があって、その中でも最もポピュラーな買い方が取引所や販売所を利用する方法です。
取引所や販売所はビットコインを売り買いする人々を仲介している場所で、ビットコインの取引所や販売所を利用するには口座を設立する必要があります。
その為に必要になるのが、本人情報の登録・本人確認書類の提出・取引目的等の確認・銀行口座情報の入力などです。

登録が完了すると取引所・販売所の口座開設になるので、次はビットコインを購入するために日本円を入金することになります。
メニューより入出金の項目を選択して、掲載されている振込先の銀行にお金を振り込むことで入金できます。
あとは、購入したい数量を入力して「コインを買う」をクリックすれば、ビットコインを購入することができます。
ただ、取引所や販売所によって操作が多少異なるので、その点は注意が必要です。

2つ目のビットコインの買い方としては、ビットコインATMを利用する方法があります。
一般金融機関のATMをイメージすると分かりやすく、ビットコインを市場価格で現金として引き出せたり、現金をビットコインに変えてビットコインウォレットに入れたりできます。
つまり、ビットコインATMで購入することが可能なのです。
ただし、日本国内の導入台数がまだ少なくて、地方都市ではほとんど目にすることができない状況で、限られた都市部でしか利用できないのが現状です。

3つ目のビットコインの買い方としては、OTC取引で購入するといった方法もあります。
このOTC取引とは、取引所などの仲介所を使用しないで、ビットコインのユーザー同士で直接売買する方法です。
その為、仲介所を通さないため手数料がいらない、両者の合意で値段を決められる、大口取引でも市場に影響を与えないといったメリットがあります。
しかし、そんなに都合よく相手が見つかる可能性が少ないことや、相手が信頼できる人間かどうかの判断が難しいといったデメリットもあるのです。
これから始めようとする初心者の方は、やはりポピュラーな買い方となる取引所や販売所の利用がおすすめです。